• facebook
  • よくある質問
  • アクセス

卵巣のう腫

卵巣の腫瘍の80%程度を占めます。卵巣内に液体や脂肪がたまってしまう、触るとやわらかい腫瘍のことです。そのほとんど、約90%が良性の腫瘍です。月経周期に伴って卵巣が一時的に腫大することもあります(機能性卵巣のう腫)。その場合はもちろん良性です。多くは経過の中で縮小ないし消えてなくなります。
漿液性のう胞腺腫、粘液性のう胞腺腫、皮様のう腫やチョコレートのう腫などは自然に卵巣の腫れが縮小することがない良性の腫瘍です。

症状がないことが多く内診での所見、超音波検査やMRI検査などで腫瘍の大きさやその内部構造などを評価したり、腫瘍マーカの値を評価したりして総合的に手術の適応を決めていきます。
最近はお腹に小さな穴を開けてビデオモニター下で手術操作を行って患部を摘出していきます。腹腔鏡下卵巣のう腫摘出術ないし腹腔鏡下付属器切除術といいます。患者様に手術侵襲がないことが大きな利点です。手術中に摘出した標本の病理を確認して良性ののう腫であれば手術を終了します。これで治療は完結したことになります。

高取レディスクリニックは、女性のどんな小さな問題にでも誠実にお答えする準備を整えています。産婦人科に関係することで気になることがある方、どの診療科にいっていいのかわからない方、お気軽に当院へご相談ください。

TEL 092-833-2390