• facebook
  • よくある質問
  • アクセス

ピル・緊急避妊

現在使われているピルはほとんどが低用量ピルで不必要に副作用を怖がらなくていいと思います。ただ、初期には吐き気や気分不良が生じたりや、血栓症の因果関係から喫煙者、高血圧などのリスクファクターの評価が必要です。
ピルは大きく分けて 1)避妊用ピルと 2)治療用ピルに大別されます。

1)避妊用ピル
排卵抑制、精子が子宮に入りづらくなる、受精卵が着床しづらくなるといった機序で避妊効果を有します。ピルの服用にあたってはきちんとした問診で喫煙歴、高血圧、婦人科や乳房疾患の有無、血栓症の既往歴など複数の項目に対して問診票に記入していただきます。
1日1回のピルの服用で100%近い避妊効果がありますが、最初の服用周期の1ヶ月は効果が安定しないこともありコンドームなどを併用するバックアップをお勧めしています。
毎月規則正しく月経がきます。月経の量は少なくなります。
妊娠を希望するときはピルの服用を中止すればすぐに正常の排卵周期に戻りますので妊娠の可能性を取り戻すことになります。

緊急避妊
緊急避妊は、あらかじめ避妊をしなかった、あるいは避妊に失敗してしまったなど妊娠を望まない性行為を行ってしまった場合に妊娠を防止する方法です。 緊急避妊には下記の2通りありますが副作用がほとんどなく、より効果が高いノルレボの服用を当院ではおすすめしています。 どちらも保険対象外の自費負担となり、費用にも差がありますので、どちらの方法にされるか診察時にご相談ください。 ※ 緊急避妊は性行為後72時間以内の服用が必要となります。  お早めにご相談ください。

・ノルレボ服用
ノルレボ1錠を性行為後なるべく速やかに服用します。1回の服用で済み、 強い吐き気や嘔吐などの副作用はあまりありません。

・ヤッぺ法
中用量ピルをまず2錠飲み、その12時間後にもう一度2錠飲みます。 時々強い吐き気や嘔吐などの副作用があります。

2)治療用ピル
ピルは月経困難症(月経痛)、過多月経(月経量が多い)、月経前緊張症(PMS)などの症状緩和や月経不順の改善効果があります。
また、長期に服用することで子宮体がんや卵巣がんの予防効果も報告されています。

ピルはとても安全な薬です。ピルの服用で種々の症状を改善して、生活のQOLを高めて快適な日常生活を送りませんか?

 

高取レディスクリニックは、女性のどんな小さな問題にでも誠実にお答えする準備を整えています。産婦人科に関係することで気になることがある方、どの診療科にいっていいのかわからない方、お気軽に当院へご相談ください。

TEL 092-833-2390