• facebook
  • よくある質問
  • アクセス

月経痛(月経困難症)・月経前緊張症

月経痛について

月経痛とは月経の開始から痛みとそれに伴う頭痛、悪心、嘔気などが始まり月経の終了とともにそれらの症状が消失するものをいいます。月経困難症ともいいますが、大きく分けて機能性と器質性に分けられます。機能性は特に婦人科的には病的な異常なく鎮痛薬などで痛みを適切に除いてあげることでよくなることがほとんどです。
器質性はバックグランドに子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍や骨盤内の炎症の基礎疾患があるために月経時に痛みがあります。痛みに対しては鎮痛薬で落ち着くことも多いですが、バックグランドの病気を治していかないと痛みを十分に除けないこともあります。その場合は適切な診察と検査が必要でと思います。

月経前緊張症は月経前症候群ともいいます。よくPMSといわれている病状です。月経の数日前から始まって月経が始まると軽減ないし消失していきます。痛みや頭痛があることが多いですが、特に気分不良、イライラ感、不安、怒りぽいなどの気持ちの変化を訴えらことが多い印象です。ホルモンの変化が一因ですが原因は全て分かっているわけではありません。一番の治療は患者さまの訴えをよく聞いて理解することです。場合にとっては柔らかい種類の抗不安薬などの処方ですっきりと症状が消えていくこともあります。

高取レディスクリニックは、女性のどんな小さな問題にでも誠実にお答えする準備を整えています。産婦人科に関係することで気になることがある方、どの診療科にいっていいのかわからない方、お気軽に当院へご相談ください。

TEL 092-833-2390