• facebook
  • よくある質問
  • アクセス

お子さんが欲しい

不妊関係の検査とタイミング法や人工受精(AIH)などの治療

男女が妊娠を希望し1年間、避妊することなく性交を続けているのに妊娠しない場合に不妊症と言います。もちろん1年経った後に自然に妊娠することは多々あります。1年というのはお子さんが欲しくて妊娠しない時に受診する目安としてください。また、1年経っていなくても年齢的に早く妊娠したい方やもともと産婦人科の病気を持っておられる方は早めに受診することをお勧めします。

当院では初診時に婦人科の一般検査に加えて超音波検査、月経時期に合わせたホルモン検査、甲状腺機能検査、クラミジア検査を行い基礎体温(BBT)の指導をします。その後は患者さまとよく相談したのちに精液検査やフーナーテスト(性交後に腟粘液を採取し精子の活動性を調べる)を行いながら早速妊娠していただけるようにタイミング法(適切な時期の性交の指導)や人工授精(精子を洗浄して好条件で子宮の中に注入する)を行います。

おおよそ6〜8ヶ月の治療期間を目安に妊娠にいたらなかった時は体外受精や顕微授精などの高度生殖医療(ART)を目的として不妊症に特化した専門施設に責任をもってご紹介します。
もちろん不妊専門施設で治療しながら適宜注射等のご依頼があれば患者さまの希望に沿って当院でもご協力することは言うまでもありません。

高取レディスクリニックは、女性のどんな小さな問題にでも誠実にお答えする準備を整えています。産婦人科に関係することで気になることがある方、どの診療科にいっていいのかわからない方、お気軽に当院へご相談ください。

TEL 092-833-2390